お持ち込み

お持ち込み でのお取引

持ち込み

スクラップセンターでは、お客様の工場、倉庫、事務所、現場で発生いたしました鉄、アルミ、銅、ステンレス各種金属スクラップ屑や廃棄、中古機械を買い取りいたします。
持込対応可能センターがお近くにある場合は是非ご利用ください。

他のお取引方法としてお引き取り郵送買取もお選びいただけます。

お持ち込みの流れ

STEP 1. お問い合わせ

下記必要事項をふまえて「持ち込み希望」とお電話メール等でご連絡下さい。

  • 商品名(金属スクラップの種類)
  • スクラップの重量、発生量
  • 持込センター名(※必ず持込み対応可能かお尋ねください)
  • 持ち込み希望日時

STEP 2. お持ち込み

スクラップセンターに金属くずをお持ち込み下さい。
高価買取のポイントは「知っておくと得をする!銅や銅製品が高価買取される5つのポイント」の記事をご覧ください。

STEP 3. 計量

分別している場合はスタッフにお申し付けください。高価買取のポイントである各種金属スクラップ毎に計量いたします。

STEP 4. お支払い

現金にてお支払い、もしくは指定口座にお振込いたします。センターにより現金対応できない場合がございます。

お持ち込みの注意点

せっかくお時間をかけてお持ち込み頂いても商品の状態によっては買い取れない商品や減額になる場合がございます。お持ちいただいた商品をお返しする場合もございますので以下の点にご注意ください。

大量のスクラップをお持ち込み予定の場合は必ずご連絡ください

ご連絡なく、大量のスクラップをお持ち込みいただいた場合は、状況によってはお受けできない事がございます。必ず事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

減額の対象となるもの

  • 金属スクラップにゴム、ガラス、プラスチック、木、ウレタン、油、塗料、断熱材などの異物がついているものは減額、状態によっては買取不可になります。
  • 他成分の金属物(アルミ製品に鉄、銅製品にステンレスなど) が付着しているものは減額、状態によっては買取不可なります
  • フレコン、段ボール、プラスチック容器などに金属スクラップを分別されてお持ち込みいただいた場合、その分をダストとして重量を減らして買取いたします。
  • 分別されていない場合は品位の低いほうに合わせての買取となってしまいます。

買取不可の対象となるもの

  • 密閉された状態のものは買取不可となります。開封してお持ち込みください。開封が出来ても中身が不明な場合はお断りすることもございます。
  • 自転車は防犯登録を抹消し、タイヤを外してお持ち込みください。使えない状態であっても防犯登録が有効期限内というケースもございます。
  • 自動車やバイクは廃車手続きや保険の解約が必要になります。
  • PCB(ポリ塩化ビフェニル)が含まれる高圧トランス、高圧コンデンサ及び安定器は「特別管理産業廃棄物」 となり厳重な管理・処分が必要ななるため買取不可です。昭和47年に製造が中止されていますので最近のトランス等には含まれていません。
  • その他、危険物質が含まれるものは買取不可です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

お困りの金属スクラップをお持ち込みください


銅やアルミ、真鍮、ステンレス、中古機械などのスクラップはございませんか?
捨てるにもどうして良いか分からず、倉庫の片隅で眠っている金属くずはございませんか?
現場やオフィスでなるべく早く処分しないといけない金属製のごみはございませんか?

重量や商品、スクラップの発生工程や発生場所など、お客様によって最適なお取引方法は変わってまいります。当センターがお客様のニーズに合わせたお取引方法をご案内いたします。

閉じる
お問い合わせはこちら